前へ
次へ

行政書士になるためには 合格率はどれぐらい

「行政書士」は、様々な業務を行っています。官公署への許可・申請書の作成や権利義務に関する書類作成、行政手続きに関する相談やコンサルティング業務等、多岐にわたります。このような業務をこなす「行政書士」になるためには、国家試験を受ける方法が一般的です。例年11月の第2日曜日に行われる試験は、1時から4時までの、計3時間に渡って実施されます。法令科目46題と一般知識14題が出題され、300点満点で採点が行われます。合格するには60%以上の正答率が必要とされています。出題の特徴としては、法律の種類が多いことがあげられます。行政法1つをとっても、行政手続法・行政事件訴訟法等、広範囲に渡ります。平成25年の合格率は、10%台になり年々上昇傾向が続いています。

top用置換

top用置換2
Page Top